新築一戸建ては「エコ」が人気!エコ住宅にするポイント

エコをイメージした住宅

複層ガラスでコールドドラフト対策!

家の窓ガラス

窓ガラスには、単層ガラスと複層ガラスがあります。
新築省エネ住宅にするなら、複層ガラスでコールドドラフト対策も行いましょう。

コールドドラフトとは?

断熱性や気密性が高く室内の温度が適温であっても、足元が寒いと感じる住宅があります。
これは窓際の空気が冷えて室内に流れ込むことで起きるコールドドラフトで、室温よりも体感温度を低く感じてしまう現象です。
体感温度が低いせいで温度を上げてしまえば、無駄な暖房コストを使う事となるので、新築では高気密高断熱と合わせて対策しましょう。

隙間を埋めただけでは改善されない

隙間風による底冷えを勘違いされることも多いのですが、コールドドラフトは外気ではなく室内で冷えが発生する仕組みとなっています。
そのため、窓やドアの隙間をパッキンで埋めても防ぐことはできません。
寒い空気は下から部屋全体に広がっていきますが、暖かい温度はほとんど窓から逃げていくので、窓から温かい空気を逃げ出さない工夫が必要です。

複層ガラスで対策

単層ガラスは一枚ガラスですが、複層ガラスは複数のガラスを重ねることで、断熱性能をアップさせます。
外の影響を受けにくいため、窓際の空気を冷やしにくくなるので、コールドドラフト対策が可能です。
複層ガラスは防音や防犯などの性能が備わったものもあるので、断熱性能以外のメリットも魅力的でしょう。

ニュース

2018/01/18
新築一戸建てだからこそ太陽光発電が取り入れやすい!を追加しました。
2018/01/18
節水機能を利用して手軽に水道代を節約を追加しました。
2018/01/18
複層ガラスでコールドドラフト対策!を追加しました。
2018/01/18
高気密高断熱住宅のメリットを追加しました。