新築一戸建ては「エコ」が人気!エコ住宅にするポイント

エコをイメージした住宅

高気密高断熱住宅のメリット

断熱木造住宅の建設風景

省エネ住宅で重視されるポイントの1つが「高気密高断熱住宅」です。
このような住宅にはどんなメリットがあるか、みてみましょう。

断熱と気密の意味

メリットの前に断熱性や気密性について説明します。
断熱は主に断熱材を壁や屋根などに用いることで、外からの熱を遮断する仕組みです。
一方、気密は外気を遮断するために、住宅の隙間を最小限に抑えた仕組みを指します。
外気や熱を遮断することにより、夏も冬もエネルギー消費を抑えつつ、快適に生活できる住宅を高気密高断熱住宅と呼ぶのです。

夏も冬も住みやすい

夏は冷房、冬は暖房を使うのが一般的です。
気密性や断熱性の低い住宅は冷房や暖房をつけても、暑い日差しや空気、冷気が侵入するため、冷暖房の使用が増えてしまいます。
気密性と断熱性を高めれば最小限のエネルギーで快適な空間にでき、居心地の良さだけではなく冷暖房費の削減にも有効です。

環境に優しく長寿命を実現

エネルギー消費が少なくなるということは、CO2の排出量も大幅にカットできるので、環境維持に貢献できます。
冬場は外と中の温暖差から結露が起きやすいですが、温暖差を抑えることで結露を予防でき、湿気やカビの影響を受けにくいので家の長寿命化にもつながるでしょう。

ニュース

2018/01/18
新築一戸建てだからこそ太陽光発電が取り入れやすい!を追加しました。
2018/01/18
節水機能を利用して手軽に水道代を節約を追加しました。
2018/01/18
複層ガラスでコールドドラフト対策!を追加しました。
2018/01/18
高気密高断熱住宅のメリットを追加しました。